眉のアートメイクで美眉を叶えたい人必見!クリニック選びのポイントを眉毛マニアが紹介

眉のアートメイクで美眉を叶えたい人必見!クリニック選びのポイントを眉毛マニアが紹介

眉のアートメイクで失敗しない!美眉が叶う東京のクリニックを調査 » 眉のアートメイクを受ける前に把握しておきたい基礎知識 » アートメイクをエステで受ける場合の注意点

アートメイクをエステで受ける場合の注意点

自然な仕上がりや毎日の化粧の手間が省けることで人気が上がってきているアートメイク。実は医療行為に当たるというのをご存知でしょうか。今回は、アートメイクとエステの関係について詳しく調べてみました。

美容クリニックとエステのアートメイクは何が違うの?

美容クリニックでは医師がアートメイクを行ったり、看護師に指示を出してアートメイクを行ったりしています。 そのため、何か起きた場合にもすぐに医療での対処を受けることができます。 人体に針を刺し、色素を入れてメイクする行為が、タトゥーなどと同じく医療行為として位置づけられています。 しかし、エステでの施術者は、資格を保有していない場合もあります。 判断を間違うと、化膿したり、角膜損傷などのトラブルが発生してしまったりということが起きてしまう危険にもさらされてしまいます。 無資格の方に依頼してしまうと、こちらもどんな痛手を負うかわかりません。また、無資格でサロンを経営をしている場合には、違法行為を行っているということになります。サロンでのアートメイクを検討している場合は資格の有無をしっかりと確認したうえで選ぶ必要があります。

アートメイクはなぜ「医療行為」にあたるの?

アートメイクは、専用の機械を使って染料を針に付けたり、眉やアイライン・唇を描いたりしますよね。 麻酔や針を用いて人体に色素を入れたり、刺したりするという部分もあることから、日本では医療行為に分類されています。 そのため、資格をもたない人がアートメイクを行うと医師法違反に当たるため注意が必要です。 サロンでアートメイクをける場合には、サロンや担当してくれる方に「資格保有の方かどうかをしっかりと確認しておきましょう。

エステでのアートメイクには消費者トラブルが起こる可能性がある

友人の口コミやフリーペーパーの広告に載っていたエステなど、意外にも無資格でアートメイクを行っているエステと出会うきっかけは身近に転がっているようです。 しかし、無資格で行われているエステに依頼したことにより、腫れが引かず外出をためらう原因になったり、他の治療を受ける必要が出てきたり、といった被害が実際に発生しています。 施術中に痛いと訴えても施術を強行されてしまったり、対応してもらえる場合もそのようなずさんな対応をした会社を信用することもできず苦しんでいたりするケースも多いようです。 せっかくお金を出して施術してもらっていても、依頼主の体を傷つける結果になってしまうこともあるので、注意が必要です。

アートメイクで健康被害にあわないためには?

汗をかいても時間がたっても落ちないメイク…といった認識もあるアートメイクですが、性質的には入れ墨やタトゥーと同じようなリスクのある施術です。流行り廃りで何度も変えることは難しく、入れるのはもちろん、消すのにもお金がかかります。本当に入れたいのかどうかをよく考えてから、決めることも大切です。 また、健康被害を避けるためにも必ず医師免許を保有しているかどうかを確認してから施術を受けるようにしましょう。 また、入れ墨と同じ性質のあるアートメイクは、通常のメイクと違って落としにくいという性質が良くも悪くもあります。黒色で無ければ、レーザーによる除去も難しい場合があります。また、除去は自己負担となるため、医療費の請求額も高額になりがちですので、よく考えてから行動することが大切です。

イメージ イメージ

眉のアートメイクは痛い?話題の最新技術4Dストロークの仕上がりが自然って本当?眉のアートメイクを実際に体験し、痛みの有無や4Dストロークの仕上がりを調査しました!

体験談を見る
メディカルブロー CLAIR(クレル) 渋谷の森クリニック
施術者にこだわるなら
料金:150,000円

公式HPで
施術例を見る

最新技術で選ぶなら
料金:140,000円

公式HPで
施術例を見る

痛みの少ない施術なら
料金:180,000円

公式HPで
施術例を見る